イーハトーブの旅

▼画像をクリックしてご覧ください。

イギリス海岸 羅須地人協会 ポランの広場
岩手軽便鉄道 種山ヶ原 鹿踊り
早池峰 岩手山 豊沢川
写真
イーハトーブと宮沢賢治

イーハトーブ(Ihatov)とは、岩手県をエスペラント風に発音した言葉で、賢治が自身の育った風土に対する思いを込めて理想郷の意味で名づけたものと考えられています。賢治は『注文の多い料理店』の新刊案内で、次のようにメッセージしています。

「イーハトヴとは一つの地名である。強て、その地点を求むるならば、大小クラウスたちの耕していた、野原や、少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、テパーンタール砂漠の遥かな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。実にこれは、著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である。」